• ホーム
  • 事例
  • 大阪市内にある分譲マンションエントランスの撥水剤塗布作業

大阪市内にある分譲マンションエントランスの撥水剤塗布作業

今回は分譲マンションエントランスの御影石(床材)の撥水剤塗布作業です。

撥水剤とお聞きになることは少ないので分からないかもしれませんね^^;
この作業をすることによるメリットは3つあります。

①石材の目地等の保護及び汚れ防止

②エフロレッセンス(白華・はなたれ)抑制・凍結によるヒビ割れ防止

③石材の深色・撥水及び撥油性効果

撥水剤を塗ることにより水や飲み物を弾きますので、汚れが石材に浸透しにくくする役目があります。
化学床材ではワックスを塗って床材を保護すると同時に汚れを防ぎます。
しかし、化学床材い違い石材は呼吸しています。特にマンションエントランスで多いのはゴミ袋から垂れた汁がそのままシミになってしまいます。シミが出来ると拭くぐらいでは落ちません・・・
そうならない為に、撥水剤は床材を防ぐ役割があります。

石材でお困りの際はお気軽にお問い合わせください(*^_^*)

ページの先頭へ
トップへ戻る