ハウスクリーニングその2

2017.01.26 | 

 皆さんこんにちは、スタッフの島田です。

今回はガスレンジパンのお掃除を効率よくできる方法をお伝え致します。

一般的に、ガスレンジパン(ガスレンジの部品)の油汚れや頑固にこびりついた、年季の入った汚れはなかなか取れるものではありません。この「取りにくい汚れ」を簡単に取る方法をご案内させて頂きます。

 

1.準備

・市販の油汚れ落とし洗剤とスプレーボトルを用意します。

・その他、ゴム手袋のほか柔らかめのたわしとブラシを用意します。

・汚れがきつい場合は、クレンザーも用意します。

(※スプレーボトルに市販の油汚れ洗剤を適量入れて、水で薄めます。)

 

2.たわしと樹脂ブラシで磨き洗い

・ガスレンジパンや各部品の油汚れは、油落とし洗剤を市販の樹脂ブラシに付けて磨き洗いします。

・プロは樹脂ブラシのほかに抗菌ルースター(プロが使うたわし)も使っています。

→油汚れ全体に用意した洗剤を吹きかけ、だいたい2~30分後にたわしで磨きます。それでも取れない汚れはブラシで磨き、硬くなった場所はヘラで落とすようにしましょう。

 

3.熱いお湯に長時間漬ける

流し台の排水口を蓋で塞ぎ、流し台に熱湯を溜めて、その中に中性洗剤を適量垂らし長時間それぞれの部品を浸しておきます。

→これはレンジパンの清掃中にやっておくと時間の無駄が省けます。

お湯の温度は60℃程度が良いでしょう。

汚れがよく落ちるコツは、浸す時間だそうです。

プロの場合は、なんと2時間も漬けておくのだそうです!

 

4.水分拭き取りのコツ

その後に、樹脂ブラシで汚れを落として、よく水洗いした後、雑巾などで水分を拭き取り最後はキッチンタオルで水分を取ります。

水分が残っていると、カルキ斑などの原因になるそうです。

 

5.頑固にこびりついた汚れを取る方法

長時間熱いお湯に浸けてもとれない頑固な汚れは、ヘラなどでこすって落とします。

ヘラは、ホームセンターなどで市販されている金ヘラかセラミックヘラをお勧めします。

 

ハウスクリーニングの詳細をお知りになりたい方は、ぜひお気軽に弊社へご連絡下さい。

 

 

大阪市内にあるオフィスビルの床面洗浄ワックス仕上げ

2017.01.23 | 

メンテナンス契約を頂いているオフィスビルの床面洗浄ワックス仕上げです(^^)

半年に一回、床のメンテナンスを行ってます!
比較すると分かりますが、汚れていないようでも半年が経過すると黒っぽくなってます。

定期的にメンテナンスをすることで常にキレイな状態を保つことができ、
利用する方々も気持ち良く仕事に取り組んで頂けるのではないでしょうか?

床の事なら当社までお問い合わせください(^_^)

フローリング掃除の3つのステップ

2017.01.19 | 

 皆さんこんにちは。スタッフの島田です。

 今回はフローリング掃除の3つの鉄則をお伝えします。

●フローリングを掃除機やフローリングワイパーで埃をとる

→出来れば窓は二か所ほど開けて風の流れを作ること。風がない状態で掃除機を掛けると、掃除機の排気がフローリング上の埃を舞い上がらせ、ただ埃が移動するだけとなってしまうので要注意!

●つや出し洗浄剤を使ってお手入れ

→洗剤スプレーなどを吹きかけたまま長時間放置するのは止めましょう。

●ワックスをかける(ワックスシートやワックスの使い方)

→ワックスを掛ける時は晴れ過ぎていても気温が低すぎてもよくありません。

 日常から皆さんが知っておられる掃除ばかりですが、それぞれの掃除の仕方にコツを見つけることにより、その効果は絶大的に変わります。

 弊社では「掃除の専門知識・技術を持ったプロ」による清掃を自負しております。フローリング掃除にお悩みの方は、ぜひ、お気軽にご相談下さい。

大阪市内にあるカフェの床面洗浄ワックス仕上げ vol.2

2017.01.18 | 

前回ご依頼いただいたカフェの他店様から床面洗浄ワックス仕上げのご依頼です!

こちらも古いワックスを全て除去し、床材本来の白い清潔感のある床になり「店内が明るくなった!!」と
喜んで頂きました(*^_^*)

床でお困りの際はお気軽にお問い合わせください!

介護施設の床面洗浄ワックス仕上げ

2017.01.12 | 

みなさま! こんにちは
業務部の伊丹です!

日々寒くなっていきますが、体調など崩されていないでしょうか?

写真は、年末に介護施設様の一室のお掃除に行かせていただいた時の様子です。

退室後の清掃で床の状態はワックスの艶など殆ど無く
、車椅子、スリッパなどによる擦り傷も多少はありました

次に入居される方の為にも、スカッ!と仕上げます。😆

床の材質にもよりますが、ワックスとの相性も良く、めちゃくちゃ光沢が出ました。👍

施設長様も、ウワーっ(驚) と大変喜んで下さり、仕上がり状態を写真に撮ってくれました。🌟

後日営業の松井さんから、他の施設様もご紹介いただきました〜〜!と喜びのお報せもいただきました。

ありがとうございます。❤️

ハウスクリーニング

2017.01.12 | 

 こんにちは。スタッフの島田です。

今回はハウスクリーニングに使用する適切な洗剤ついてお伝えします。

またやって来る年末の大掃除や日頃のお掃除において、これらの基本技術を知っているのといないのとでは、作業効率や結果に大きな差が出てくるでしょう。

使用される洗剤は、中性洗剤か弱アルカリ性洗剤等が、台所用、トイレ用、浴室用などに当てられますので、より一般的かと思われます。

汚れに合った洗剤を使用し的確に道具を使いこなすのは、長年の知識と経験が必要です。ご家庭では使用する洗剤の裏面に書いてある説明をよく読むことが肝心です。

「汚れ」には、ホコリ、水溶性の汚れ、疎水性の汚れ(油汚れなど)、固着物、シミなどがあり、汚れと建材との関係や洗剤の特性をよく理解することが、プロの清掃技術者が作業する上では重要な点となっています。

 

大阪市内にあるカフェの床面洗浄ワックス仕上げ

2017.01.10 | 

今回は大阪市内にカフェの床面洗浄ワックス仕上げのご依頼です!

ワックスを塗り重ね過ぎて黒く光ってしまい困っているとのお悩みです。

ワックスを塗り重ねる場合は、定期的に古いワックスを除去しなければなりません。
除去しないと古いワックスは黒ずみ、また洗浄が不十分だと新しいワックスが汚れを閉じ込めてしまいます。
そして、厚く塗り重ねられたワックスは割れやすく、下記画像の施工前で白くなっている箇所はワックスが欠けてしまっている状態で見た目の清潔感を失ってしまいます。

今回の施工ではお客様から大変喜んで頂きスタッフの方にも好評でしたとのお褒めの言葉を頂きました(*^_^*)

床のことでお悩みの際は、お気軽にご連絡いただければ現状を拝見した上で最善のご提案させて頂きます。

年季の入った外壁の汚れをピカピカに掃除する方法!

2017.01.10 | 

  こんにちは。スタッフの島田です。

 今日は外壁の汚れについてご紹介します。

何十年、いや何年か住んでいくと、どんな家でもその外壁には、年季の入った、黒ずんだ汚れが目立ってきます。それはマンションでもアパートでも、一戸建てでも同じようです。

 そんな落としにくい汚れを、日常的な道具で落とす方法をお伝えします。

 だいたい外壁はコケや雨だれ、排気ガスなどで汚れてしまい、とくに外構の塀はブロックやモルタルなどが多く、ここが汚れてしまうとなかなか本来の姿を取り戻せません。確かに立地条件によって差はありますが、マンションやアパート、一戸建てでも、新築から34年も経てば黒ずみが目立ってくるはずです。

 こんな汚れを一般的な家庭にある道具で落とすには次のものを用意します。

・ホース

・バケツ

・中性洗剤

・カビ取りスプレー

・ブラシ(たわしよりも柔らかいもの)

まず、ホースで水を掛け、泥や木の葉など大きな汚れやゴミをある程度落とします。次に中性洗剤をバケツのなかで10倍前後に薄めて柔らかいブラシでこすり、後はホースで洗剤を洗い流します。

これでも落ちないコケやカビ系の汚れは、カビ取り剤をかけ、数分待ってから柔らかいブラシでこすり落とす。最後はホースでカビ取り剤を洗い流します。

ここで気をつけたいのは、こする時に、力を入れ過ぎないことです。あまり力強くこすると塗装がはがれたり、素材自体を削ってしまう可能性がありますので。

これだけで外壁や塀はかなりきれいになるはずです。この掃除方法は手の届く範囲しか出来ませんので、マンションやアパートなど、広範囲にわたって壁を掃除する際には家庭用高圧洗浄機をおすすめします。

壁の掃除をお考えの方はぜひお気軽にご相談下さい。日用品を使った掃除方法から専門技術・機材を駆使した掃除方法まで、キャリアを踏まえた我々ベテランスタッフが対応させて頂きます。

ビルのガラス清掃

2017.01.05 | 

 こんにちはスタッフの島田です。

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今回はビルのガラスクリーニングについて。ガラスの外面は室内から拭くことが出来ませんので、

屋上から降下しながらの清掃になります。

ビルでガラスの外側の汚れが気になる方はお気軽にお声掛けください!

車の排気ガスや雨風による汚れを放っておくとガラスの劣化が進みますので定期的な清掃をお勧めします。

お困りの汚れノーブルライフにお任せください。フリーダイヤル:0120-529-650 携帯・PHS・公衆電話:06-6335-4193 営業時間 平日9:30~17:30定休日 日祝土 FAX:06-6335-4194 お問合せ・無料お見積りメール・FAX24時間受付中!
ページの先頭へ