• ホーム
  • 事例
  • 年季の入った外壁の汚れをピカピカに掃除する方法!

年季の入った外壁の汚れをピカピカに掃除する方法!

  今日は外壁の汚れについてご紹介します。

何十年、いや何年か住んでいくと、どんな家でもその外壁には、年季の入った、黒ずんだ汚れが目立ってきます。それはマンションでもアパートでも、一戸建てでも同じようです。

 そんな落としにくい汚れを、日常的な道具で落とす方法をお伝えします。

 だいたい外壁はコケや雨だれ、排気ガスなどで汚れてしまい、とくに外構の塀はブロックやモルタルなどが多く、ここが汚れてしまうとなかなか本来の姿を取り戻せません。確かに立地条件によって差はありますが、マンションやアパート、一戸建てでも、新築から34年も経てば黒ずみが目立ってくるはずです。

 こんな汚れを一般的な家庭にある道具で落とすには次のものを用意します。

・ホース

・バケツ

・中性洗剤

・カビ取りスプレー

・ブラシ(たわしよりも柔らかいもの)

まず、ホースで水を掛け、泥や木の葉など大きな汚れやゴミをある程度落とします。次に中性洗剤をバケツのなかで10倍前後に薄めて柔らかいブラシでこすり、後はホースで洗剤を洗い流します。

これでも落ちないコケやカビ系の汚れは、カビ取り剤をかけ、数分待ってから柔らかいブラシでこすり落とす。最後はホースでカビ取り剤を洗い流します。

ここで気をつけたいのは、こする時に、力を入れ過ぎないことです。あまり力強くこすると塗装がはがれたり、素材自体を削ってしまう可能性がありますので。

これだけで外壁や塀はかなりきれいになるはずです。この掃除方法は手の届く範囲しか出来ませんので、マンションやアパートなど、広範囲にわたって壁を掃除する際には家庭用高圧洗浄機をおすすめします。

壁の掃除をお考えの方はぜひお気軽にご相談下さい。日用品を使った掃除方法から専門技術・機材を駆使した掃除方法まで、キャリアを踏まえた我々ベテランスタッフが対応させて頂きます。

ページの先頭へ
トップへ戻る