• ホーム
  • 事例
  • ビルメンテナンスの仕事に就くための有利な資格

ビルメンテナンスの仕事に就くための有利な資格

2017.02.23 | 

  皆さんこんにちは、スタッフの島田です。

今回は、ビルメンテナンスの仕事に就くための有利な資格についてご紹介します。

ビルメンテナンスの資格というと、前項でご紹介した建築物環境衛生管理技術者が思い浮かぶ方も多いでしょう。

この資格を取っていると大変有利ですが受験資格を得るためには一定のビルメンテナンスの実務経験が必要です。

ですから、全く経験のない方がビルメンテナンスの仕事に就くためには、第二種電気工事士、危険物取扱者乙種4類(通称、乙四)、そして、二級ボイラー技士、第三種冷凍機械責任者の4つの資格を持っていると有利といわれています。

この4つの資格を通称「ビルメン4点セット」というのです。これらの資格は、受験資格がいりません。

ですから、学生でもすべて取得することは可能です。

また、この中の12個は持っている人は多くても4つすべて持っている方は少ないでしょう。ですから、取得しておくと有利です。

このほかにも全国ビルメンテナンス協会が行っている講習や民間資格などを取得しておくと就職に有利でしょう。

 

ページの先頭へ
トップへ戻る