掃除の仕方の基本

2019.09.19 | 

「掃除」と聞くと、思わず拒絶反応を起こしてしまう人は多いはず。

でも、掃除をしないとおうちのなかがどんどん汚れてしまいますよね。

家族みんなが居心地よく暮らせるおうちにするためにも、掃除は不可欠。

掃除はやみくもにがんばってもつかれてしまうだけなので、

効率的にやることが大切です。

効率的な掃除の仕方の基本を知っておけば、自分なりに掃除と付き合うことができますよ。

がんばりすぎず、でもきちんとキレイにできるーー。そんな掃除の基本についてご紹介します。

掃除は「どこまでやるか」を決めるのが大事

毎日家族が生活するおうちは、どうしても汚れがたまります。

いざ掃除を始めたら延々と終わらず、イヤになった経験は誰でもあるはず。

これは「掃除はこうしなければならない」という考えに縛られているのが原因かもしれません。

がんばりすぎずに掃除できるよう、まずはじめに次の2つを考えてみてください。

ゴールの「状態」を決める

どうがんばっても完璧にキレイな状態にすることはできないので、

「目に見えるホコリがなくなればOK」「この部分の汚れが落ちれば終わり」

とどんな状態になればゴールかを決めます

ゴールの「範囲」を決める

「今日は床だけ掃除する」「この場所は明日掃除する」と、掃除する範囲を決めること。

狭い範囲に限定すればダラダラ掃除することもなく、

終わらなかったというストレスを抱えずにすみます。

このように、気楽に掃除に取り組むだけで少しずつ毎日の掃除ができます。

本格的な掃除も必要かも知れませんが、毎日少しずつの掃除は如何ですか?

お困りの汚れノーブルライフにお任せください。フリーダイヤル:0120-529-650 携帯・PHS・公衆電話:06-6335-4193 営業時間 平日9:30~17:30定休日 日祝土 FAX:06-6335-4194 お問合せ・無料お見積りメール・FAX24時間受付中!
ページの先頭へ