ケチャップのシミの落とし方

2020.04.30 | 
 まず、シミの部分に洗剤を垂らし、
手で生地をもみほぐし洗剤とシミをなじませます。
なじませるだけでもシミが浮いてきますが、
あまり強くこすらないのがポイントです。
そのまま水やぬるま湯で流せば、
ある程度のシミはきれいになるでしょう。
また、デリケートな衣類にケチャップのシミがついてしまった場合には、
洗剤をなじませてもみほぐすと、
型崩れや生地が傷んでしまう原因になってしまいます。
そんなときには、シミの部分の下にタオルを敷き、
割りばしなどにタオルなどを巻き付けた棒をつくり、
そこに洗剤をしみ込ませ、シミをトントンと叩くと、
ケチャップのシミが下のタオルに吸い込まれていきます。
歯ブラシを使う方法もありますが、
衣類の素材によっては毛羽立ちなどが起こることもあるので、
強い力をかけるのは避けたいところです。
下にタオルを敷かないと、
せっかく浮き上がったシミが広がってしまい、
輪じみになる可能性があるので注意しましょう。
ケチャップのシミが取れたら、
そのまま洗濯機で洗います。
漂白剤を使うのはこのタイミング、洗濯機で洗うときに入れると効果的ですよ。
ちょっとしたケチャップのシミなら、
染み抜きをせずに洗濯機で!と考えるかしれませんが、
洗濯機で洗うことによって、
シミが繊維の奥まで入り込んでしまう可能性もあります。
染み抜きは面倒だなと思いがちですが、
そこは頑張って染み抜きをしてから洗濯機で洗いましょう
ページの先頭へ
トップへ戻る