レンジフードの掃除方法

2020.07.02 | 

 換気扇やレンジフードは、

ネット、カバー、ファン、レンジの受け皿等、
分解して取り外せる物は外して洗います。
かなりのベタベタ汚れも、
浸けおきタイプの洗剤溶液に浸け込むだけで、
楽にキレイにできます。
浸けおき洗いの方法ですが、
大きめのポリ袋をダンボール箱や洗濯用のカゴ等、
身近な大き目の容器にセットして、
浸けおく場所を作ります。
ネジ等の小さな物は空き瓶に洗剤を入れ、
その中に入れておきます。
浸けおきのポイントは、50℃前後のお湯を入れ、
洗剤を入れてよくかき混ぜてから、
汚れを下にして浸け込みます。
汚れに応じて、30分~数時間浸け込み、
汚れが浮いてきたら、洗剤溶液をつけながら、
歯ブラシ等で擦るとキレイになります。
最後に水洗いをして、充分乾かして下さい。
外せない部分のお掃除には、
洗剤を湿布する方法が一番ですが、
それでもうまくいかない場合は弊社にご相談下さい。
ページの先頭へ
トップへ戻る