害虫対策に目を置いた家周りの掃除 注意点について

2021.08.21 | 

 夏といえば セミ カブトムシ クワガタムシ 昆虫採集などを思い浮かべる人も多いと思います。

時期的にも多くの昆虫が活発になるということは目もあてたくないですが
当然ハエ 蚊 ゴキブリなどの動きも活発になります。
今回はそれらの特性に目をあてた清潔に保つべきポイントと要点を紹介します。
生ごみや空き缶を放置しない

コバエなどが匂いによってくることを防ぐため空き缶は放置せずしっかり水でながしましょう。
その後はある程度乾燥させてからゴミに出しましょう。
またキッチンや台所のシンクのコーナーなどは常に生ごみがないようにして清潔に保つことが重要です。
コバエは少しでも油断しているとすぐに出てきますよ。
段ボール新聞紙などを放置しない
段ボールや新聞紙などの古紙は害虫を呼び寄せそこが住処になりかねません。
新聞紙は掃除につかえる場合もありますが最低限の量だけおいて残りは捨てましょう。
窓まわりをきれいに 窓を中途半端に開けない
スライド式の場合網戸はしめて窓を全開にしましょう
中途半端にあけると通り道をつくります
コロナなどで換気したい場合やコバエもしっかり防ぎたい場合は虫コナーズのような
防虫グッズを設置しましょう 窓まわりもできるだけ綺麗に保つことをおすすめします。
ページの先頭へ
トップへ戻る