階段掃除の効率的なやり方やコツについて

2021.11.11 | 

 段差や不安定な足場のためついついあと回しにしてしまいがちな階段掃除ですが、今回はできるだけ楽な階段掃除の方法をご紹介します。

もともと階段に溜まるゴミは、髪の毛や埃などのさっと取れるものが多いですが手や足からの皮脂汚れも付く場所です。
皮脂汚れは放置しているとだんだん黒ずんでくるため、できるだけ定期的に拭き掃除をして汚れを取りましょう。
やり方としては上の段から下の段に向かって掃除機をかけ、階段横のささらの上の埃も吸い取っていきます。
ごみは隅に溜まりやすいので、吸いやすいようなヘッドに変えるとスムーズです。
ゴミを取り終わったら、階段を拭き掃除します。手垢や皮脂汚れは酸性の汚れのため、アルカリ性の洗剤が効果的です
階段を拭く時のポイントは、段板だけではなく蹴板み板やササラも拭くことです。
まれに上段の階段の裏や隅に、小さな蜘蛛の巣が張っていることもあります。
手すりは手垢がつきやすいところです。アルカリ電解水をつけたキッチンペーパーで丁寧に拭いていきます。
金具部分は埃が溜まりやすいので念入りに拭いてください。
どうしても取るのが難しいよごれは棒状のものにペーパーをまきつけて使うのもいいかもしれません。
作業中は滑りやすくなり転倒の危険性があるので、できるだけ普段から掃除機や乾拭きするなど定期的な掃除をおすすめします。
ページの先頭へ
トップへ戻る