大阪にあるメーカー工場の床メンテナンス

2019.09.02 | 

今回は定期的にご依頼頂いているお得意様の大阪にあるメーカー工場の床メンテナンスのご依頼です。

ちなみに作業前画像でワックス光沢がない状態は、靴底や物の移動などでワックス表面に傷が入り光の反射が弱くなることが原因で、この傷の間に汚れが入り込むことで黒くなってしまいます。
このような状態になるとモップなどで拭いてもキレイにならず、洗剤を使用してしまうとワックスを溶かしてしまいます。

床の汚れでお困りの際は、お気軽にお問合せ下さい。

ページの先頭へ
トップへ戻る