お風呂・浴槽を風通しを良くしてカビ予防対策

2021.07.01 | 

 カビを生やさないためには、お風呂場を乾燥させるのが一番です。

家族が全員お風呂からあがったらその日のうちに
風呂場の窓を開けるか換気扇をかけて中の熱気を外に出してしまいましょう。

カビは20度から35度の温度で湿度が60パーセント以上の場所が大好き。
お風呂場の状態をこの温度と湿度に当てはまらないようにすれば
カビが少なくなるのでお風呂場の空気を中にためこまないことです。
湿気の多いこの時期だからこそ湿度を下げるようにしてみてください。

ページの先頭へ
トップへ戻る